No. 00029 緯度:34度 94分 経度:134度 93分
【兵庫県】

たまには日帰り温泉もいい… 滝野温泉「ぽかぽの湯」


異常なほどに暑かった今年の夏の殺人的日差しも過ぎ去り、朝夕がめっきりと涼しくなってきた。ようやく日本の秋らしい気候が戻ってきたようだ。

こうなるとゆっくり、のんびりと温泉に浸りたくなるのが日本人の心情。時刻表を片手に予定を組んで訪ねる「温泉情緒の旅」も良いが、気軽に楽しめる日帰り温泉も見捨てたものじゃない。
何よりも安近短!安くて近くて短時間で行ける。
これに越した事は無い!…しかし、やはり温泉情緒や開放感は味わいたい…という訳で今回は兵庫県加東市にある山間の「滝野温泉」ぽかぽを訪ねる事にした。
滝野温泉「ぽかぽの湯」 周囲を山に囲まれ紅葉が綺麗だ
滝野温泉「ぽかぽの湯」 周囲を山に囲まれ紅葉が綺麗だ

滝野温泉「ぽかぽ」までは大阪池田から中国自動車道で「滝野社IC」で降り、約4km山間にある。大阪市内からでも車で約1時間30ぐらいで楽しめる。
高速道路を使わずに、県道をのんびりとドライブするのも一考である。営業時間:(10:00-21:00)
大人:600円、子供:300円、水曜定休

源泉浪漫街道。山間に佇む北播磨温泉郷…「滝野温泉」
「ぽかぽの湯」のエントランス
「ぽかぽの湯」のエントランス
            山の斜面を利用して高低差がある湯船の配置
山の斜面を利用して
高低差がある配置で浴槽がある
(樽風呂)
滝野温泉「ぽかぽ」は北播磨湯めぐり(よかたん・とどろき荘・ぽかぽ・根日女・グリーンピア三木・みとろ荘)が合同で企画した「湯巡りパスポート」(10枚綴り\6,000)が利用できる。

日帰り温泉と言えど、周囲を山に囲まれた立地は自然に抱かれながら気軽に気持ちをリフレッシュするには丁度良いサイズである。

「ぽかぽ」は平成18年2月にリニュアルオープンした日帰りの天然温泉である。
週末はかなり込み合う人気の湯なので、のんびりを決め込み平日の午後に訪れてみた。

施設内には「川の湯」と「山の湯」があり、それぞれ日替わりで男湯、女湯となる。
「山の湯」には、樽風呂、洞窟風呂、ログハウス風サウナや木風呂などがあり、「川の湯」では滝風呂、川湯、 河原湯、低温風呂、屋形船サウナ等が楽しめる。露天風呂は、四方を山に囲まれ開放感たっぷりで四季折々の風情が楽しめる趣向となっている。その中で木風呂と河原湯が内湯となっている。

泉質はカルシウム・ナトリウム一塩化物泉で、太古の海水のミネラルを豊富に含む食塩泉。お湯に身をしずめると体の芯からじんわり温まり、入浴後の保温効果も抜群の柔らかく肌にやさしいお湯である。
効能としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、 病後回復、疲労回復、健康増進に効果があるとされている。
滝野温泉は山間に佇む
滝野温泉は山間に佇む
大阪市内から2時間以内で楽しむには打って付けの温泉であるが、日帰り温泉なので宿泊施設は無い。
界隈にも数件の宿があるので上記[近くの宿泊施設を表示]ボタンで検索して欲しい。
入浴の後は播磨中央公園を散策

ぽかぽから南へ直ぐのところに広大な敷地を誇る「播磨中央公園(地元での愛称「はりちゅう」)」があるので是非寄っていただきたい。
播磨中央公園は五峰山麓の丘陵地帯に開かれた都市公園で、「フラワーゾーン」「こどもの森ゾーン」「水辺ゾーン」など8つのゾーンが設けられている。また、四季を通じ様々な催し・イベントも組まれており市民の憩いの場となっているエリアでもある。駐車場は周囲に6箇所あり、計約1,000台が利用できる。料金は通常無料だが一部期間に有料になることもある。大型車は事前連絡が必要。どのゾーンで遊ぶか…によって利用する駐車場が選べる。

大きな窓越しに秋の風景を鑑賞する…
お茶を飲みながら
Cafeの大きな窓越しに
秋の風景を鑑賞する…
パーク内の小さな流れが心を癒してくれる…
パーク内の小さな流れが
心を癒してくれる…
土日には多くの家族連れで賑わう人気の場所である。とにかく広いので、遠方からは言うに及ばず近郊からも何度にも分けて訪れる家族も珍しくない。
私のお気に入りゾーンは、「水辺ゾーン」や新設された「自然散策ゾーン」であるが、「自然散策ゾーン」には全長7.8kmで四季折々の自然が楽しめるウォーキングコースもある。

「中央広場ゾーン」には四ツ辻古墳群下ノ山古墳群2つの古墳群(古墳数計5基)があり、散策の途中にちょっと立ち寄ってみる事をお勧めしたい。
第一駐車場から入って「子どもの小川」に面して常設のレストカフェ「森のくまさんのおうち」がある。散策で疲れた足を休めるのにも良い。休息のお茶を口に運びながら、一人静かに窓越しに眺める風景もまた格別な趣きがある。

「いしぶみの丘」には兵庫県の文化振興に功績のあった33名の石碑が設置されている。この石碑は、兵庫県文化賞受賞者が自由な発想で、自費により製作、寄贈されたものである。
のんびりと「いしぶみの丘」を散策しながら、兵庫県の文化にふれてみるのも良しである。

●播磨中央公園
紅葉を愛でながら…パーク何の散策路 パーク内のTEA-ROOM「森のくまさん」 石碑
紅葉を愛でながら歩く…
水辺ゾーンの散策路
パーク内のcafeで暫しの休憩
「森のくまさんのおうち」(子どもの小川前)
パーク内の「いしぶみの丘」には
随所に兵庫県に縁の文学碑もある

tabitomaのTOPへ