No. 00028 緯度:34度 37分 経度:135度 44分
【大阪府】 関西のモミジの名勝「牛滝山」を歩く

大小さまざまな滝があることで有名な牛滝山(うしたきやま=大阪府岸和田市)は紅葉の名所として箕面の滝、勝尾寺と同等に有名である。

関西ではもみじの名勝として知られる牛滝山は葛城修験の一霊場として崇敬、開山されたと伝えられ、山腹に山岳寺院「牛滝山大威徳寺」がある。大威徳寺の宗派は、現在、天台宗となっているが、以前は真言・天台兼学の寺院とされており、境内に建つ多宝塔は室町時代の建築物として国の重要文化財に指定されている。
主な紅葉の樹木はイロハモミジ、カエデ、イチョウで、本年度の大威徳寺紅葉祭り(牛滝山もみじまつり)が2010年11月23日に開催される。
赤く色づきはじめた牛滝山 晩秋の空に紅葉が映える
赤く色づきはじめた牛滝山 晩秋の空に紅葉が映える

アクセスは、
南海電鉄南海本線岸和田駅から南海バス約50分「牛滝山」下車徒歩すぐ。
JR久米田駅から南海バス約40分「牛滝山」下車
車でなら、阪和自動車道「岸和田和泉IC」から約20分
問合せ先:岸和田市観光振興協会072-436-0914
ビデオをご覧ください...

滝と名刹と温泉に恵まれてモミジの下の落ち葉を踏む…
全国津々浦々、紅葉の名所は滝の名所と一致する事が多い。紅葉は日中と朝夕の気温差が大きいほど綺麗に色づくと言われ、そのため平野部より山間部の方が紅葉を鑑賞するには条件的に良い訳である。当然、山間部には滝も多くなるのが道理である。また、日本人の心に滝と紅葉は見事にマッチした情景でもある。
天台宗 牛滝山「大威徳寺」
天台宗 牛滝山「大威徳寺」
大威徳寺境内に建つ多宝塔
大威徳寺境内に建つ多宝塔
境内の紅葉は特に素晴らしい
境内の紅葉は特に素晴らしい
境内の紅葉は特に素晴らしい
境内に佇む「しあわせ地蔵」 見つめ合う姿がほほえましい
境内に佇む「しあわせ地蔵」
見つめ合う姿がほほえましい
山門をくぐると牛の石像が迎えてくれる。
山門をくぐると
牛の石像が迎えてくれる。
ここ、牛滝山は古くから京都の高雄と肩を並べる紅葉の名所として知られているが、京都ほど人ごみも多くなく、落ち着いて紅葉を鑑賞する事ができる。
牛滝川沿いのバス道を上っていくと「牛滝温泉森やかの郷」を左に見てその先約500m程(徒歩約10分)歩いたところに「大威徳寺」の山門が見えてくる。途中の中間ほどの所に「牛滝山」のバス停がある。バスで訪れる場合はここで降りれば山門まで徒歩約5分でたどり着く。
山門をくぐると、「牛滝山 大威徳寺」の号にちなむ牛の石像が鎮座している。
牛滝山の名の由来は、比叡山の大乗坊恵亮が修行中、大威徳明王が滝の中から青い色の牛のような石に跨って現れたことから山号を「牛滝山」としたと伝えられている。室町時代の最盛期には四十八坊を数える大寺院であったといわれ、重要文化財の多宝塔は細部に至るまで見事な組木技術が用いられている。
また伽藍配置も本堂の背面に多宝塔を配すなど、独特の様式が用いられており、歴史的にも重要な寺である。
一の滝
一の滝
滝壷まで降りる事ができる
滝壷まで降りる事ができる
滝の傍らでも紅葉が鮮やか…
滝の傍らでも紅葉が鮮やか…
滝を鑑賞するには、境内を通り抜け、渓流沿いに整備された遊歩道を歩く。道標に沿って数分で落差10mの「一の滝」に到着。勢いよく岩盤を流れ落ちる滝は豪快で滝壷まで降りる事ができる。
その先に「二の滝」「三の滝」がある。共に数分で行き着ける。
二の滝の落差は約5m。三の滝の落差は約10m。その先に以前は道も無く幻の滝といわれた「錦流の滝」(落差約8m)がある。
牛滝案内図(クリックで拡大)
牛滝案内図(クリックで拡大)

牛滝渓流歩道を通って錦龍の滝まで見た後、そのまま先に進めば少し急な坂道になるが近畿自然歩道に出る。少し遠回りとなるが時間が許せば帰りはこの道を下ってみるのも良いかもしれない。
朝夕は意外と冷え込むので、上着等一枚余分の準備しておく事をお勧めする。

●牛滝山ではこんな草花も見れます…
ヒガンバナ(まんじゅしゃげ) こむらさき やまごぼう
ヒガンバナ(まんじゅしゃげ) こむらさき やまごぼう

●牛滝温泉森やかの郷(いよやかのさと)
「森やか」と書いて「いよやか」と読む。中世時代には「森」を「いよ」と読んところから命名された。
ここには宿泊施設(せせらぎ荘)や日帰り温泉がある他、コテージやキャンプ場・バーベキュー場などが牛滝川沿いに設けられ、休日には自然と戯れる人々や日帰り温泉を楽しみにやってくる行楽客で賑わっている。
また、川沿いに散策路が設けられ四季の花や野鳥、昆虫などが観察できる。
天然温泉の泉質は、無色透明のナトリウム−塩化物強塩泉 (高張性・中性・高温泉) 。
ナトリウム泉は老化や角質化した皮膚を溶かす効果があり、ヌルヌル感が特徴で、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病に効用があるとされている。但し、飲用は不可なので飲まない事。牛滝温泉森やかの郷

料金は大人700円(税込・入湯税別) 子供400円(税込)
営業時間:7 : 00 〜 22 : 00 (最終入浴受付時間 21 : 30)(年中無休)
詳細は「森やかの郷ホームページ」まで
※館内へのペット持ち込み不可


tabitomaのTOPへ